10月 19, 2021

アンテナようブースター電源部の設置方法について

アンテナ工事 公式ブログ

テレビの映りが悪いと感じた時に設置を考えるのが、ブースターの取り付けです。
ブースターとは、テレビの電波を増幅させる効果があり、電波の弱い場所でもテレビの映りを改善させることができる機器です。

電波の弱い弱電解地域に住んでいるなら、電波増幅に効果のたかいアンテナに取り付けるタイプの屋外用ブースターがおすすめです。
屋外用ブースターはアンテナの支柱に設置するのが通常ですが、電源はどこからとるのか分かりにくいという方も多いようです。
そこで今回はブースターの電源はどこから取るのかについて解説します。

 アンテナ屋外用ブースターの電源部と増幅部の役割とは?

アンテナ屋外用ブースターの電源部と増幅部の役割とは?

テレビの受信感度を改善させるブースターには、屋外用と室内用の2種類があります。
電波塔からはなれていたり、周囲のたかい建物によって電波がさえぎられてしまうような場所であるなら、屋外用ブースターの取り付けがおすすめです。

一般的な屋外用のブースターは、室内用のブースターとちがって部品が2つにわかれているのが特徴になります。
屋外用のブースターを取り付けるさいには、それぞれの部品の役割をしっておく必要があるのでここでご紹介します。

ブースター増幅部の役割とは?

ブースター増幅部の役割とは?

屋外用のブースターのもっとも特徴的な部品となるのが、増幅部といわれる部品です。
この増幅部はアンテナが受信した電波を増幅させる効果をもっており、アンテナが受信した電波がよわかったとしても、テレビの映りをよくさせることができます。
ブースターの増幅部は、アンテナの真下に設置するのがもっとも効果を発揮するといわれており、アンテナの支柱に取り付けるのが一般的です。

ブースター電源部の役割とは?

ブースター電源部の役割とは?

屋外用のブースターの場合、増幅部をアンテナに取り付けただけでは電波を増幅させることができません。
増幅部で電波を増幅させるためには、電力が必要となります。
そこで重要な部品となるのが電源部です。
電源部によってコンセントから電力を供給することで、屋外に取り付けた増幅部を作動させることができるようになります。

ブースター電源部の設置場所について

ブースター電源部の設置場所について

電源部が増幅部に電力供給する重要な部品だということがわかりましたが、実際に取り付けを考えると、一体どこに設置するのがいいのかわかりにくい方も多いでしょう。
屋外用のブースターの場合は、増幅部はアンテナの支柱に取り付けられることから、電源部も屋外かもしくは屋外にちかい室内におくべきだと考えられがちです。
ここでは、電源部をどこに設置するのがもっとも適切なのかについて解説します。

屋外用ブースター電源部の設置場所

屋外用ブースター電源部の設置場所

屋外用のブースターでは増幅部は屋外に設置しますが、電源部は室内のテレビ裏などに設置するのがもっともいいとされています。
なぜならブースターの効果をテレビに反映させるためには、電源部はコンセントから電力を供給するだけでなく、テレビとも接続しておく必要があるからです。

また、テレビに分配器を使用している場合は、ブースターの電源部と分配器をつなげることでテレビと間接的につながっている状態にしておきます。
このことから、分配器などが設置されているテレビ裏に電源部も設置しておくのが最適だといえます。

屋外用ブースター電源部の注意点

屋外用ブースター電源部の注意点

ご自身での取り付けを考える場合は、接続する順番が「アンテナ(支柱)→ブースター増幅部→ブースター電源部→分配器もしくはテレビ」となっているようにつながっているかどうかに注意しながら作業をすすめましょう。

ただし、アンテナの支柱にブースターを取り付けるときは高所での作業となり、危険をともなうこともありますので、少しでも不安な方は専門業者に取り付けを頼むほうが安全です。

電源部が内蔵されているブースターの設置場所

電源部が内蔵されているブースターの設置場所

ブースターのなかには、増幅部に電源部が内蔵されているタイプのものもあります。
増幅部と電源部が一体となっているブースターの場合は、できるだけアンテナに近い壁面やベランダなどに設置しましょう。
また、室内に設置したい場合も天井裏などの高い場所を選ぶと効果を発揮しやすいです。
電源部が内蔵されているブースターは2つに分かれているブースターより設置が簡単で、ご自身でも取り付けやすいのが魅力です。

設置する順番も「アンテナ→ブースター→分配器もしくはテレビ」を意識しながら同軸ケーブルでつないでいくだけとなります。
増幅効果はやや弱くなりますが、すこしだけテレビの映りをよくしたい場合なら電源部が内蔵されているタイプを選ぶといいでしょう。

電源部を正しい場所に設置してトラブルを未然に防ごう

電源部を正しい場所に設置してトラブルを未然に防ごう

2つの部品にわかれている屋外用のブースターは、設置が複雑だと思われてしまいがちです。
しかし、増幅部と電源部の設置場所をしっておくだけで意外とかんたんに取り付けることができるのです。
増幅部はアンテナの支柱、電源部はテレビ裏に設置するようにしましょう。
特に電源部は、コンセントからの電気の供給とテレビとブースターの接続をになう大切な部品となっています。

この設置場所を誤ってしまうとせっかくブースターを取り付けても、うまくテレビが映らないというトラブルが発生する可能性もおこりかねません。
ご自身での設置に不安がある場合は、アンテナの専門の業者にブースターの取り付けを頼むのがおすすめです。

ブースターを取り付けるさいのトラブルを未然に防ぎつつ、素人ではむずかしいアンテナレベルの調整などもあわせて行ってくれます。
テレビの映りがよくなると、自宅での時間をより楽しむことができます。
テレビの映りが気になるときは、ブースターの設置をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

アンテナ工事の業者選びにお悩みの方は是非一度、弊社アンテナックスにご相談ください。
お見積り・ご相談・キャンセル料・完全無料です。
詳細については下記HPよりご覧ください。
「アンテナ工事・テレビが映らない・テレビが受信できない」にお困りなら弊社アンテナックスにお任せください!
アンテナ工事・設置・修理専門チーム

電話対応時間:9:00~21:00まで365日対応中!